FC2ブログ

日本で猫の飼育頭数が犬を超えた理由

日本における猫の飼育頭数が犬の飼育頭数を初めて超えました。猫好きならばかわいいとか仕草が・・というのは当然ですが今回は、容姿以外で飼育頭数が増えた理由について考えてみました。

①飼育が楽
人口が集中している都市部では、散歩が必要なく、犬と比べ吠えるような事もない猫が人気になっています。

②SNSで人気
昨今のSNSにおける猫人気も大きな要因といえます。

③コスト面でも有利
生涯の飼育平均費用も、猫(平均余命14.56歳)が70.3万円に対し、犬(同14.25歳)は118.5万円。身も蓋もない言い方ではあるが、景気低迷が長期化している中で、飼う側にとってはコスト面で有利なのである。
(参照 東洋経済

また医療費用に関しても外出の機会の多い犬と比べると、ケが病気に罹患する可能性が低いので、コスト面で有利だろう。とはいえ実際病気や怪我になってしまえば、尿結石や腎臓系の疾患といったどうしても治療期間が長くなるので
それなりにかかるものです。近年はペット保険会社も増えてきており、ペット保険比較サイトなどで比較して加入も視野に入れたいですね。

今後犬と猫飼育頭数の差は、どんどん増えていく気がします。やはり犬と比べ多頭飼いも楽だからです。一方で、一過性のブームで終わってしまうと捨てられる猫たちが増える可能性もはらんでいます。犬では、流行った犬種が保健所に溢れるといった事例があるからです。こうした悲しい自体に陥らない為にも、最後まで面倒を見るという事を徹底するような法整備などをしてほしいものです。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
とりあえずチェックしたもの
リンク
とりあえずチェックしたもの2
とりあえずチェックしたもの3
プロフィール

猫INFO.neco管理人

Author:猫INFO.neco管理人
猫専門ブログ ほぼ毎日猫情報を更新中

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR